タグ:複勝馬券 ( 1 ) タグの人気記事

複勝ころがしって儲かるの・・・?

「複勝ころがし」とは?

コロガシ馬券術をご存知でしょうか?
あるレースに賭けて的中したら、その賭け金の全部、または一部を別のレースに丸ごと賭ける馬券術の事です。

例えば10000円からスタートしても、3倍の馬券を3回連続で的中させれば、資金は27万円に増える計算になります。
転がす回数が増えれば増えるほど、その効果は大きくなります。

的中率はどれくらい?

さて、このコロガシ馬券術、一体どれぐらいの成功率があるのでしょうか?
上記の3倍×3回の例で計算してみましょう。

オッズ3倍の馬券は統計から見ても、理論上の計算でもおおよそ25%の的中率。
これが3回連続で起きる確率を求めれば良いわけですね。つまり、

0.25×0.25×0.25= 0.016

となり、コロガシの成功率は計算上1.6%となります。
意外と低いなぁ・・・と思いません?
63回チャレンジして1回成功するぐらいの割合ですから、63万円使って27万円もらえるわけです。63回チャレンジするたびに36万円損するわけですよ。

では、転がすのではなく、27倍の馬券の1点買いで挑戦した場合の成功率はどうでしょう?

こちらも統計をとってみると、27倍程度の馬券の的中率はおおよそ3%弱。つまり、転がすより1発で大きな獲物を狙った方が成功率が高いと言う事です。なぜ、このような事が起きるかと言うと、競馬は馬券を買った人全員の馬券購入代金を合計して、その内のおよそ25%を手数料として主催者が取ります。そして、残った75%を的中した人に分配するわけです。

つまり、馬券を買って的中する度に本来もらえるより(主催者が取らない時より)も25%目減りした 配当金を受け取る事になります。余談ですが、時々「馬券は買った時点で25%抜かれる・・・」と表現する人がいますが、正確には間違いです。

買った時点で25%抜かれるのではなく、「当たった人だけ25%抜かれる」と言う表現の方が正しい。なぜなら、外れた人は主催者がピンハネをしようがしまいが賭け金全てを失いますから・・・。

で、話を元に戻しますが、コロガシ馬券術の場合、上記の例の場合は3回馬券を買って3回払戻を受けます。その払戻を受けるたびに25%の手数料を主催者に納めているわけですから、1回で27倍を狙うよりも手取りが少なくなるのは当たり前の話なのです。



馬券で収支を確実にプラスにしていきたいなら、下記サイトがオススメ。
↓↓↓↓
馬券を当てたいならココ

[PR]
by keibafukushou | 2014-05-02 14:05 | 複勝馬券